夜勤のメリット

夜勤のメリット

前回の記事につづき、今回も夜勤のお話です。

夜勤はきついだけの勤務なのでしょうか?

まず夜勤のメリットとしては、日中の時間が有効に使えることです。

私が物書きの仕事と看護師の仕事を両立できるのも、まさにこの日中の時間を使える強みがあるからです。

また、夜勤専従で働いている看護師には夜勤手当のために、日勤と比べて一ヶ月に半分程度勤務するだけで同じ程度の収入が得られるという場合もあります。

夜勤専従ではパート扱いになるなど社会保険やボーナスの面で不利な場合もありますが、トータルではメリットが有るという場合もあるのです。

また、給与面だけでなくたとえば学校に通えたり、働くこと以外に時間を使えたりということもあります。

看護師は学ぶ意欲が高い人が多く、大学に通いたいと考える人は多いようです。

業務の関係で広く勉強する必要があるということはもちろんですが、いつも病院で病気の人ばかりを相手にしているということもあり、健康な人たちと交流したい、出会いたいという気持ちもあるのです。

こんないくつかの理由から、働きながら大学で学びたいという看護師は増える傾向にあり、社会人入試を行っている二部の大学では看護師が多く学んでいるという話も聞きます。

二部の大学であれば、日勤の看護師でも通学は可能です。

日勤の後に夜学に通っているという看護師は確かに私の周りにも何名かいますし、逆に夕方学校に出てからその後病院で夜勤をして朝かえって寝るという生活をしている看護師もいます。

これには経済的な理由もあるでしょうし、基本給が安い看護師の場合は夜勤をしないと収入が足りないという事情もあるでしょう。
その点、夜勤専従であれば、はるかに高収入ですし、勉強に当てる時間も多く取れます。

少ない労働時間で効率よく高収入をえるには夜勤専従というのは魅力的な働き方とも言えるでしょう。
また、夜勤専従で働きながら昼間の大学に通うという看護師もいます。

朝から夕方まで学校で勉強し、夕方仮眠を取ってから夜勤をこなすというタフな看護師もいるそうです。

夜勤だと少ない勤務日数でも効率よく稼げて勉強もできるとなれば、日勤がいいのか夜勤がいいのかは迷うところかもしれませんね。

学校と仕事を両立させる場合はなんと言っても体力勝負といったところがありますし、体を壊してしまってはいけません。このあたりは自分の体力との相談といってもいいでしょうね。

また、昼間に子育ての時間をとれるといって夜勤のメリットを上げる方もいます。

そんな方の書いた子育てブログをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

育児子育て日記

2014年11月24日|