夜勤という働き方

夜勤という働き方

看護師の仕事はきつい、汚い、いわゆる3Kな仕事と思われているようですが、その一番の理由は、夜勤があるからでしょう。

看護師問題というとすぐにこの夜勤が取り上げられますが、だからといってやめるわけにはいかないのが夜勤です。

病院では、24時間体制で誰かが患者さんをみなければならないですし、夜勤は看護師の宿命といってもいいものです。

三交代、二交代、当直制といろいろシステムはありますが、誰かが眠らずに起きていて病棟を守らなくてはならないことに変わりはありません。

看護師の夜勤が話題になっている割には、夜勤というものについてきちんと基本的なことから理解されているようには感じられないですね。

夜中にナースコールで患者さんから呼ばれて行くと、「起こしちゃってごめんなさい」という患者さんがいますが、これは誤解です。

交代で仮眠を取るようにはなっていますが、看護師は基本的に誰かが必ず起きています。

こうした誤解があるにせよ、看護師というとすぐ、「夜勤が一番大変なのでしょう」と言われるのですが、実は違います。

もちろん、夜起きているだけでもつらいという看護師もいますが、多くの看護師がきついと感じるのは、交代勤務の中で、勤務と勤務の間隔が狭くなり、疲労がどんどん蓄積していくようなケースです。

たとえば、準夜勤(たいてい16時から0時ごろまで)の翌日の日勤(たいてい8時から17時ころまで)や、日勤の翌日の夜勤(0時から9時まで)といった場合、勤務と勤務の間隔が8時間、あるいは7時間となるため、疲労が回復しないまま次の勤務に入るということになります。

三交代といっても、病院によって交代時間は少しずつ違いがありますが、この二つの組み合わせはどこもきついようです。

こうしたきつさを解消するため、勤務の組み合わせについて、いろいろ研究されています。

アメリカの病院では日中のスタッフと夜間のスタッフがそっくり入れ替わるところも多いとのことです。

それぞれを専業にすることで、交代勤務自体を廃止する手もあるわけです。

とはいっても、この方法に問題がないわけではありませんし、日中の看護師は夜の患者さんの状態がわからず、夜の看護師は日中の患者さんの状態がわからないというのは患者さんには不安でしょう。

しかし、それも引継ぎの方法いかんによっては克服できる問題かもしれません。

完全に分業にしなくても、日本でも夜勤専従の看護師を採用する病院は増えつつあります。

家庭を持っている看護師の多くが、日勤専門の勤務を希望し、夜勤を避けたがる反面、夜勤を専門にしたい看護師もいるのです。

この事実はあまり知られていませんが、私自身、夜勤を多くつけてもらっているのでその気持ちはよくわかります。

2014年11月24日|